2018年1月3日、正月を帰省先の鹿児島で過ごした私は新幹線で東京まで帰ってきた。道中は一人(普通は飛行機で帰るのでこんなもの好きは私ぐらいだ)である。なぜこんな無駄なことを・・・と普通の人は思うだろう。そう私は鉄道オタク、一度でいいから鹿児島から東京まで新幹線で帰りたかったのである。年始の新幹線だったので1か月前にチケットをみどりの窓口で購入。鹿児島から博多まではみずほ、博多から東京まではのぞみのチケットをゲット。午前8時頃自宅を出ていざ鹿児島中央駅へGO。この旅の目的はただ新幹線にのるわけではない。駅メモというゲームで全国の駅を埋めるためでもある。鹿児島中央駅に向かう間もバスの車内(GPSでとるので電車じゃなくてもとれる)から駅をGET。鹿児島中央駅についていざ乗車と改札に進むと・・・ピンポーン。?まさかの改札を通れない事態。どうやら乗車券の区間が違っていて宮崎県経由になっていたようだ。窓口で乗車区間を変更し無事乗車。乗り込んだ車両は広い。4列シートでグリーン車並みの広さである。博多までは快適な乗り心地。駅メモの方はトンネル区間が多いのかあまりとることができなかった。博多駅に到着後は出発まで1時間近くあったので昼食。名前は忘れたが鹿児島ラーメンとチャーハンのセットをいただきました。昼食後は東京駅まで長距離移動なので駅弁とビールを購入。さんざん迷って肉と明太の弁当を購入し車内へ。車内は5列シート。決して狭くはないのだが先ほどまでグリーン車並みの広さだったのでどうしても狭く感じてしまう。おまけに車内はほぼ満席のため東京まで窮屈な思いをして過ごすことになった。博多出発後は車窓を眺めながら駅をGET。ここでもトンネル区間が多い。広島を通過するころには何だか新幹線を選択したのを後悔しはじめる。気分を変えて弁当とビールを楽しむ。大阪を通過するころには時刻も夕方になったので車窓を楽しむこともできなくなりひたすら駅をGET。そして寝落ち。大阪から静岡までごっそり駅をGETできず。気づけば博多から隣の客はいない。やはり博多から東京まで乗りとおすのは私ぐらいである。そしてすっかり夜がくれたころようやく東京駅に到着。やっと帰り着いたと思ったがそこからまた在来線で帰らなければならない。新幹線で疲れた体で在来線にのること約2時間ようやく最寄り駅に到着。朝8時近くに実家を出て帰宅したのは夜9時。ずいぶんと時間をぜいたくに使ったものだ。もう二度とこんなことはしないと誓った年始であった。